fc2ブログ

妖精の記憶。

 僕の最後のご主人様は、赤い髪の綺麗なお嬢様だった。
 もう長くない命と知った姫は、僕に自分のしたいことを願った。 
 外に出て花を見ること、おいしいものを食べること、雨の日の散歩、珍しい書物を読むこと、絵を描くこと。友人と話をすること。旅行に行くこと、そして姫を愛してくれる周りの人を幸せにすること。
 短い時間で姫はたくさんのことをした。僕もできる限りのことをしたつもりだけれど、それでもやっぱり、姫が最期の呼吸をした瞬間には後悔があった。
 まだまだ、姫の為に出来た事があったんじゃないかって。
 冷たくなっていく姫の頬を、僕は触れていることしかできなかった。
 そのバラ色の頬の色がなくなっていくのを、僕は見ているだけしかできなかった。
 僕は、泣くことしかできなかった。
 どうして僕には寿命を延ばすことが出来ないんだろうって、すごく悔しくて、悲しくて、腹が立って、自分のことが嫌いで、たくさん泣いた。
 姫のいない世界が、ぼんやりして見えて、色がなくて、寂しくて。
 何にもなくなったような気がして、姫の眠る場所で、ただ存在していたら。
 迎えに来てくれた。
 着物姿の、長い髪の毛を後ろで結った優しい目元のご主人が。
 僕を見つけて、それからふんわり笑って、そっと手を出してくれた。
「さあ、帰りますよ」
 その手には、僕の指輪があった。
 姫の手にはめられたままで、土の中にあったはずの指輪が、ご主人の掌で光っていた。
 僕はご主人の手に乗せられて、その綺麗な唇から紡がれる、呟く言葉に解かされるように、指輪に中に入った。
 そのまま、姫から永遠に離れた。

 姫、ありがとうございました。

 僕は何度も何度もその言葉を繰り返しながら、指輪の中から遠ざかる姫のお墓を見つめていた。
「あのお嬢様は、お前のことを褒めてくれていましたよ」 
 ご主人の声が僕に聞こえる。静かで優しいその声が、すごく切なくて、嬉しくて、また姫を思い出してしまう。
「人は必ず死ぬものです。お前や私とは違うんですから…。ですが、この出会いはお前の生きてきた証でもあるのですよ。悲しいですが、またいつか…違う魂となったお嬢様に会える時が来るかもしれません」
 ご主人の細く長い指が、僕の指輪をそっと撫でてくれた。それがあんまりにも心地よくて、僕はまた涙が止まらなくなった。
 プライドの高い赤毛のお嬢様。僕はたくさん怒られたけど、それでも、貴女といた、短いけれど楽しかった時間は宝物です。
「今は、眠りなさい。そして、次のご主人が決まった時は、とびきりの笑顔を見せるのですよ」 
 そう言って、ご主人は、また、僕の指輪に何かつぶやいた。それは僕の意識を蕩けさせ、深い眠りに誘(いざな)ってくれる言葉だったようだ
 そのまま、僕は長い間眠ることになる。

 紫の暖簾のお店、「聖堂(ひじりどう)」の片隅で。

スポンサーサイト



コメント
コメント投稿

トラックバック
トラックバックURL
http://honeymoon7953.blog.fc2.com/tb.php/26-3a842fa3